« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

マンダラライブ

こんばんは。
まねえじゃあ2号です。

今年最後のマンダラライブ、先週末よりチケット発売となりました。
今回は「懐かしの青春フォーク特集」と題しまして、皆様からのリクエストを
募集いたします。

心に残るあの1曲を、エピソードを添えてお送り下さい。
お待ちしています。


「西島三重子 Live In MANDALA Vol.23」
Date:2006.12.9(sat)
Venue:南青山マンダラ
(Web=http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html)
Fee:\4,000(With 1 drink)
Open:17:00
Start:18:00
Musicians:西島三重子(Vo)/平野 融(G/Md)/小出博志(G)/欠田芳憲(Pf)

【チケット取扱い】
アオイスタジオ  TEL:03-3582-3815
南青山マンダラ TEL:03-5474-0411
チケット ぴあ  TEL:0570-02-9999(Pコード:245-020)

【リクエスト受付】
アオイスタジオ
FAX:03-3582-3814
E-Mail:nishijima@aoistudio.jp


明日から中国・九州へと出張です。

| | コメント (0)

そしてブラジルへ…

こんにちは。
まねえじゃあ2号です。

すいません、1日で2回の投稿です。
こちらはふぇるまあたの翌日のお話ということで。


10/29、朝から雨模様だったのですが、我々は一路浜松へと向かい、
「青少年フェスティバル」というイベントに参加してきました。

これはNPO法人である「サビジャ」という団体が主催するイベントで、
日本在住のブラジル人の方々をサポートしていこうという趣旨の元に
開催されたものです。
(浜松には5万人以上のブラジル人の方々がお住まいのようです)

「しかしなぜブラジルと西島三重子が?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると
思いますが、詳しい経緯は西島の日記、および弥勒姉さんのブログをご覧下さい。


イベント自体には「おひさまのたね」のみの参加だったのですが、今回は
ブラジル人歌手であるシキーニョさんと一緒に歌ってきました。
シキーニョさんは「おひさまのたね」をポルトガル語で歌ってくださり、
そこはそれ、やはりかなり陽気な「おひさまのたね」となりました。

_287
【シキーニョさんと1】

_291
【シキーニョさんと2】

お客様もブラジル人の方が大半だったのですが、あちらの方々は
盛り上がり方が非常に上手いですね。

異国情緒たっぷりの一日でした。


<出演>
西島三重子 「おひさまのたね」
シキーニョ  「おひさまのたね ポルトガルVer」

| | コメント (0)

ふぇるまあた

こんにちは。
まねえじゃあ2号です。

ふと見返してみると、10月は2回しか更新していませんでした。

すいません…
ヒマそうに見えて、実はそこそこ急がしいんです…


という訳で(どんな訳だと)、先週末は茂原のライブハウス「ふぇるまあた」にて
西島三重子/平野融の二人ライブでした。

_218_1


当日は朝一で青山集合、平野さんの車で茂原入り。
途中、茂原の蕎麦屋に入ったんですが、あの町は蕎麦屋が至るところにありますね。

蕎麦が有名なんですかね…
理由をご存知の方、教えて下さい。


ライブは19:30に「ラブソング」からスタート。
主にニューアルバムからの選曲となりましたが、「スローなテンポで」
「雨音のむこうに」など、非常に珍しい曲もリストに並びました。

_229
【ラブソングを熱唱中】

_241_1
【平野さんです】


そしてアンコールは「池上線」。
この曲がアンコールというのは、最近では非常に珍しいと思います。

さらに、ここで店のマスター酒井さんが乱入。

_267

このマスター、非常に変わった…、失礼、情熱溢れる方で、昔はギタリスト
としてならしていたそうです。
(しかしなぜかピアニカを手に、「池上線」を伴奏)


拍手喝采のうちに、茂原の夜は更けていきました。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »